気になるニュースを英国からお届けします

ブレットプルーフ コーヒー!ダイエットに効果!?作ってみた!

ブレットプルーフコーヒー(Bulletproof coffee)という言葉を耳にしました。


Bulletproof というのは、
日本語で「防弾」という意味です。
なんかすごく米国っぽいですね。

このコーヒーの飲み方は、
米国のデイビッド・アスプリー氏が考案しました。


彼のブレットプルーフ・ダイエットという、
総合的なダイエットプログラムの中で用いられている、
コーヒーの飲みかたです。

最近になって、コーヒーには、
絶大な健康効果があることが実証され、
話題になりましたね。


このブレットプルーフコーヒーには、
その効果を高めるうえに、
ダイエット効果もあるらしいんです!


なんだか大ブレイクの予感がします。


これは詳しく調べるしかありませんね。
そして今回は、実際に作って飲んでみましたので、
実況いたします!




スポンサードリンク


ブレットプルーフコーヒーの作り方



このコーヒーを朝一で飲むと、
エネルギーがみなぎり、脳が活性化され、
食欲も抑えられるのだそうです。(*´▽`*)



https://blog.bulletproof.com から引用した
オリジナルのブレットプルーフコーヒーの作り方。

coffee
1 . 沸騰したお湯(250mlくらい)


2 . テーブルスプーン2杯半(お玉を一回り小さくしたようなスプーン → 37ml)の
ブレットプルーフのコーヒー豆を挽いて、
コーヒーを普通に淹れる。


3 . ブレイン・オクタン(彼のサイトの製品)をコーヒーに加える。
初心者:1ティースプーン(カレーライスを食べるスプーン → 5ml)
毎日少しずつ増量してテーブルスプーン1から2杯(15~30ml)まで増量


4 . テーブルスプーン1~2杯(15ml~30ml)の
牧草を食べて育った牛のミルクで作った無塩バターを加えます。


5 . ブレンダーで20秒~30秒混ぜて乳化させる



上記は、オリジナルのブレットプル―フコーヒーの作り方なのですが、
ブレイン・オクタンは、
ココナッツオイルが主原料とのことなので、
ココナッツオイルで代用して、
近い感じで実際に作ってみたものを以下で紹介します。

実際に近い感じでブレットプルーフコーヒーをやってみた!



1.有機栽培のコーヒーをマグカップに普通に淹れる

dscn1413

スーパーで手に入る250g400円くらいのオーガニックコーヒーです。
豆じゃなく挽いたものを使いました。


dscn1416

2.スーパーに売っていたピュアココナッツオイル。

dscn1415


今寒いので、かちんかちんです。
スプーンに1杯

dscn1417

3.スーパーで買ったオーガニックの無塩バター。
牛が何を食べて育ったかは不明です。


dscn1414

4.2.と3.を1.で淹れたコーヒーに入れます。

ココナッツオイルはすぐに溶けます。
dscn1418


バターはゆっくりと溶けます。
dscn1419


初回は、スプーンでかき混ぜただけだったので、
ご覧の写真のように、
コーヒーと油が分離した状態でした。


2回目は、スムージーを作るブレンダーで混ぜてみたのですが、
コーヒーとオイルが良く混ざり、
カフェラテのような色になりました。

さてお味は



バターは乳製品なので、
コーヒーにクリームを入れた飲み物の味に近くなるだろうなあ、
と予想していましたが、
やはりそんな感じでした。


最初にスプーンでくるくるっと混ぜただけで飲んでみたのですが、
油が表面にぎらぎら浮いていて、
後でなんとなく気分が悪くなりました


ブレンダーにかけたほうが絶対に飲みやすいです。


ただし、
普段ブラックコーヒーを飲みなれているので、
オイルを入れると、
すごく濃厚な感じになってしまいました。


常日頃コーヒーにミルクを入れている方なら、
気にならないかもしれません。


ブラックコーヒーが好きな方は、
これは、これ、
コーヒーはコーヒーと、
割り切って飲むといいかもしれません。



いずれにしろ、しばらく続けてみようと思います。
1週間たって何か変化があればまたレポートします!


お付き合いいただきありがとうございました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告