英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

イギリスといえばパブ!おすすめのメニューは?

イギリスのパブといえば、
ビールを飲みながらサッカー観戦、
というのが定番のイメージでしょうか。

それとも、田舎の広々としたファームの中に、
ぽつんと現れる鄙びたパブを思い描きますか?

ロンドンや、ストラトフォード、ケンブリッジなど、
「シェークスピアやダーウィンが通った」なんていう、
何百年もの歴史をもつ重厚なパブですか?

イギリスには、本当にたくさんのパブがあります。
どんなこじんまりとした集落でも、
教会があり、パブがあり、郵便局があると、
それで一つの町の体裁が整います。

kings headイギリス人の生活とは、
切っても切れない関係にあるパブ。

ビールを飲む場所と思いがちですが、
そのメニュー、実はなかなかのものなんですよ。

そこで今回は、
イギリスのパブリックハウス(パブ)でだされる、
メニューについてご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

意外に美味しいパブフード 

悪名高いイギリス料理ですが、ご安心を。

評判の良いパブ(お客がそれなりに入っている)に行きさえすれば、
美味しくリーズナブルな食べ物に出会えます。
と信じたい!!Σ( ̄口 ̄;;

以下でご紹介するメニューは、
経験上、とりあえずこれを頼んでおけば大丈夫
と思われる料理です。

何を頼んでいいかのかわからない場合にお試しください。

よっぽどでない限り、
値段はどれも1000円以下。
パブフードは庶民やワーカーの味方です。

朝食 – イングリッシュ・フル・ブレックファスト

B&B(宿泊&朝食)のパブの、
朝食の定番は、イングリッシュブレックファストです。
私が思いつく英国最高の料理はこれです!

何も考えず、毎食これを出しとけばいいのに、と思うこともしばしば。笑
飽きますが…。

イングリッシュ・フル・ブレックファストとは?

breakfast

パン&バター/ジャム
玉子料理(スクランブルエッグ/目玉焼き/ゆで卵などから選べます)
イングリッシュソーセージ
ベーコン
炒めたマッシュルーム
炒めたトマト
ベイクドビーンズ
フルーツジュース
コーヒー/紅茶/牛乳など

(全部焼くだけ!イギリス人にぴったりの料理!)

標準的な日本人には、
分量が多すぎます。

ビュッフェスタイルでない場合、
覚悟を決めてしっかり食べ、
昼食は抜きにします。

ランチ – フィッシュ&チップス

パブフードの女王は、何といってもフィッシュ&チップスです。

まず、ハズレはないので、安心して注文しましょう。

これがまずい場合、
他のどれを食べてもほぼまずいので、
入った店が悪かったとあきらめてください。

フィッシュ&チップスとは?

fish & chips

タラ、カレイ、などの白身の魚を、
小麦粉を水で溶いたものにつけ、
油で揚げたもの。

要は魚の天ぷらです。

基本的には、
3枚におろした魚の、半身全部をフライにします。
大きいです。

付け合わせは、
大量のジャガイモのフライと決まっています。

モルトビネガーと塩をふりふりふりふりして、
食べます。

オプションで、グリーンピースをマッシュにしたもの、
カレーソースなどをかけて食べる人もいます。

脂っこいですが、
揚げたてはとてもおいしいですよ。

ランチ – ロースト(サンデーロースト)

さっきパブフードの女王をご紹介したので、
今度は王様の番です。

パブフードの王様は、やっぱりローストですね。
日曜日にはサンデーローストを、
スペシャルで提供するパブも多いです。

たくさんの野菜の付け合わせがついているので、
栄養のバランスがとてもいいんですよ。

ローストとは?

roastローストビーフ、
ローストチキン、
ローストラムが主流です。

クリスマスには、ローストターキーや、3バードローストなど、特別なお肉がローストされて出てきます。

付け合わせは、
ゆでニンジン、
ジャガイモ(マッシュ、ボイルド、ベイクド)
ブロッコリー、さやいんげん、芽キャベツなどの、
緑の野菜が大量についてきます。
ヨークシャーでは、
ヨークシャープディングが付いてくることも。

ジャガイモが主食なので、
パンは付いてこない場合がほとんどです。
ご飯ももちろんありません。
パンがどうしても欲しい場合は、
別に注文しましょう。

ソースはグレイビーソースと言って、
茶色っぽく、コンソメのような味がします。
お肉を焼いたときの肉汁で作りますが、
これを野菜とお肉にダーッとかけていただきます。

お肉はパサつく場合が多いので、
ソースをたくさんかけて下さい。
ソースで食べる、というほどの意気込みが大切です。

参考 パブでの注文の仕方

パブに初めて入ったとき、
どこに座って、どうやって注文したらいいのか、
わからなくて困った覚えがあります。

なんか人が立ったり座ったり、
ごちゃごちゃしているし、
店の人たちは、
すごい勢いでグラスや料理を運んでいて、
こっちを見てくれない…。
店の入り口に突っ立っていても、
誰も案内してくれない。。。

そうなんです。
パブでの注文の仕方は、
レストランとは全く違います

以下は、
標準的なパブでの注文の手順です。
簡単なので、安心してくださいね。

(食事をする場合)

1.パブに入ったら、お店の人にハローと言って、
案内してくれるかどうか、様子を見る。

2.案内してくれそうになければ、自分で好きな場所に座る。

3.席に着くと、メニューを持ってきてくれる。

4.何を食べるか決めたら、カウンターに行き、
注文と支払いを済ませる。

メニューを持って行って指させば簡単。
誰も連れがいない場合、
貴重品を絶対に席に置きっぱなしにしないでください。

(食事をしない場合)

1.パブに入ったら、席に着く前に直行でカウンターに行く。

2.カウンターで飲み物を注文して支払いを済ませる。

3.飲み物を渡されたら、空いた席に座るなり、
カウンターで立ち飲みするなり、好きなことをします。

いかがでしたか?

ローカルのパブで、ぜひパブフードに挑戦してみてください。
イギリス料理、
意外にも気に入っていただけるかもしれません。

イギリス関連記事をまとめて読むにはこちらをどうぞ!
イギリス特集!料理や観光記事のまとめ!

【Booking.com】世界のホテル割引予約


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告