気になるニュースを英国からお届けします

ベルベットイースターの歌詞は?荒井由美をイースターに聴いてみる!

イースターになると、
思い出す曲があります

ベルベット・イースター」作:荒井由美/松任谷由美

ベルベット・イースター
小雨の朝
ひかるしずく
空にいっぱい

ベルベット・イースター
迎えに来て
まだ眠いけどドアをたたいて

空がとっても低い
天使が降りてきそうなほど
一番好きな季節
いつもと違う日曜日なの

ベルベット・イースター
昨日買った
白い帽子花で飾り

ベルベット・イースター
昔ママが好きだったブーツ
はいていこう

空がとっても低い
天使が降りてきそうなほど
一番好きな季節
いつもと違う日曜日なの

この曲は「ひこうき雲」というアルバムに入っています。
タイトルになったひこうき雲も、
メルヘンチックでかわいらしい曲ですね。


「ベルベット・イースター」は、
荒井由実としての最後のシングル、
『翳りゆく部屋』のB面として、
シングル・カットされました。

スポンサードリンク

歌詞の意味は?

イースターの頃、
3月後半から4月初旬の
ほの温かくて、
ちょっと湿った春の雰囲気に似合っています。

イースターベルベットという2つの言葉が
うまく響きあってこの曲の中心を流れます。

曲の中の、
「いつもと違う日曜日なの」は、
イースターサンデーを指しているのだと思います。

「空がとっても低い 天使が降りてきそうなほど」
のところは、

グッドフライデーで十字架にかかって死んだイエスが、
3日目の日曜日にそのお墓から出て、
天使がその復活を告げた、

というイエスの復活の際の天使を思い起こさせます。

イースターサンデーやイースターについての詳細は、
イースター2015年!日程は?グッドフライデーって?
イースターの伝統料理!イギリスではコレを食べる!
をご覧くださいね。

ベルベットとイースターの関連性について…、
私にはよくわかりません。

ベルベットはビロードの別名。
ワイン、ネイビーブルーが主要色の、
起毛した肉厚の滑らかな生地です。

女の子の、エレガントなドレスにいいですね。
たまに、
バスのシートが、ベルベットぽいこともあり、
その場合は、
つい手で念入りに触ってしまいます。

柔らかくてするするします

ベルベットという言葉を聞いていると、

ディビッド・リンチ監督の
ブルー・ベルベット(Blue Velvet)

今は無きルーリード(Lou Reed)、
ニコ、アンディーウォーホールらが関与した、
コラボユニット、
ザ・ベルベット・アンダーグラウンド(The Velvet Underground)
が頭をよぎります。

肌触りのよいベルベットと、
イースターのイメージがぴったり合った、
不思議な曲だとおもいます。

聴いたことがないという方は、
ぜひ聞いてみてくださいね。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告

Get Adobe Flash player