気になるニュースを英国からお届けします

ハンドメイドの服作りはじめました。『好きな生地とかたちの服』

ハンドメイドの服を作ろうと思ったのは、
何年ぶりでしょうか。

母親がずっと既製服の縫製を仕事にしていたので、
子供のころからずーっと、
仕事場の工業用ミシン、
工業用アイロン、
ロックミシンに囲まれて育ちました。

亡父の収入がそれほどでもなかった家庭の私が
大学に行けたのも、
母のエキストラワークのおかげだと思います。

当時、
猫の手も借りたいほどの忙しさだったので、
子供の手でもなんとか役に立ち、
縫い代をアイロンで割ったり、
のリ芯をアイロンではったり、
縫って糸でつながっている服と服を、
ハサミで切り離してたたんだり、
同じパーツを何百枚と縫いあわせたりと
母の手伝いをしてきました。

それで、
なんだかんだ断片的に手伝っているうちに、
自分でも一応服らしきものを
作れるようになっていたのでした。^^

でも、大人になったら
まったく服を作らなくなってしまったんですね。

ハンドメイドしなかった理由は、

1.買ったほうがはやい
2.買ったほうが安い
3.時間がない
4.設備がちょろくて作る気がしない
5.自分のハンドメイドはどことなくあか抜けない

なんですが・・・、
そして、心の底から事実なんですが・・・

最近なぜか『ハンドメイドで服』の気運が、
がぜん高まってきたのでした。

『自分の好きな生地とかたちで
服をつくるのもいいんじゃない?』

と思うようになったのです。

あまりにプラクティカルな生きざま 笑 だったので、
ここらでもう少し『丁寧に生きてみようか』
とでも思ったのでしょうか・・。

私にしてみれば、
非常に贅沢な時間の使い方ではあります。

思い立ったが吉日。
購入したのが、
日本の月居良子さんのこの本です。
アマゾンから今日届きました。
うれしい!

DSCN0580 (2)

日本語版はこちらです。

この中の、この形がいいかなと。
DSCN0581 (2)

で、生地は古い大島の着物をほどいた布があったので、
これで作ってみようかな。

DSCN0576 (2)

とても地味なんですが、
前立てのレースのところが白なので、
ちょうどいいかなと思います。

濃いグレーなので、
なかに白い長そでのブラウスを合わせてもいいかもしれない。

張りのある変わった生地です。
ちょっと尺が足りないようですが、
剥いだら何とかなるかな。

洋裁でなにがいいって、
この妄想タイムじゃないですかねえ。

いまのところ生地がきまり、
本が届いただけという、
進捗については、
予断を許さぬ状況です。笑

そして本業が忙しくなると、
確実に中断するとはおもいます。

しかし今後、
もし万が一進むようなことがあれば、
進み具合をお伝えしていきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。
つづく・・・・
ちゃお


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告