英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

学校プールの消毒槽(腰洗い槽)は必要?

夏も盛り。
プールが恋しい季節ですね。


残念ながら、
イギリス北部は、夏でも水温が低く、
屋外プールでの水泳や海水浴は、
ほとんどできません。
もっぱら屋内プールです。

昔、同級生と一緒に入った、
学校プールを懐かしく思い出します。

ところで、
学校プールに入る前には、
必ず氷水のような、
浅い消毒槽・腰洗い槽に入らされましたよね。

ご親切にも、
かがまないと通れないように、
頭上にバーのようなものまで設置してあって、
絶対に腰までつかるようになっていました。

この消毒槽、現在は、
使っている学校もあれば、
使ってない学校もある
のです。

もし使っても使わなくても、
どっちでもいいものなら、
冷たいから入りたくないですよね。

しかも皮膚によくないです。

そこで今回は、
この学校プールの消毒槽について、
調べてみることにしました。

それでは一緒にみていきましょうね。

スポンサードリンク

今学校プールの消毒槽は必要?

結論

プールの水質管理ができている場合消毒槽は必要ない

では、この結論に至った経緯を以下で説明していきますね。

消毒槽には何が入っている?

プールの水・消毒槽には、
以下のうちのいずれかの薬品が使われています。

次亜塩素酸ナトリウム
家庭用に市販されている液体の塩素系漂白剤や、
殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳ビンの殺菌用など)などに使用。
水溶液はアンチホルミンという名称で、
食品添加物としても使われている。

次亜塩素酸カルシウム
「さらし粉」
クロールカルキ(Chlorkalk)、
カルキ、または塩化石灰ともよばれる。
水に溶けて酸化力が強く、
漂白、消毒に使用。

塩素化イソシアヌール酸
水泳プール水・浄化槽放流水の殺菌消毒
公衆浴場水・台所・浴槽の洗浄、
クレンザー用、家庭用および業務用漂白剤、
食品環境衛生剤、酸化剤、表面加工用酸化剤。

では、これらの薬品はどれくらいの濃度で、
プールや消毒槽に投入されているのでしょうか?

消毒液の濃度は?

以下は、
水道水、プールの水、消毒槽に使用されている薬品濃度です。

水道水
遊離残留塩素濃度 (0.1ppm~1.0ppm)
プールの水
遊離残留塩素濃度(0.4ppm~1.0ppm)
消毒槽
遊離残留塩素濃度(50ppm~100ppm
PPMは、1㎎/Lとほぼ同じ

遊離残留塩素とは、
水に含まれる有機質(汚れ・菌など)の、
殺菌や酸化反応に有効に作用する塩素化合物のこと。

遊離残留塩素の濃度は、
0.4ppm以上が維持されてさえいれば、
細菌類の増殖を抑え、
プールでの消毒効果があることが、
実験的にも経験的にも確かめられています。

たとえその濃度が1.0ppmを超えたとしても、
殺菌効果はほとんど変わりません

濃度が高くなることによる悪い面の方が多く、
高濃度になると目や皮膚、呼吸器官に刺激を与えます。
このため、
1.0ppm以下の使用が望ましいのです。

つまり、

「プールの水の遊離残留塩素濃度を0.4ppmに維持しさえすれば消毒槽は必要ない」

ということになります。

文部科学省と厚生省の見解

では、このような事実に関して、
厚生省や文部省は、どのように考えているのでしょうか。

swimming pool2

厚生省
1992年4月28日「遊泳用プールの衛生基準」の改正
「最近のプールの浄化能力の向上を前提とすると、腰洗い槽がなくても浄化の観点からは問題がないと考えられる。よって、腰洗い槽については原則として不必要である
(参考:厚生省-遊泳用プールの衛生基準)H4.4.28

妥当だと思います。
では、文部省は?

文部省
(大意)入れ替え式ではなく、循環ろ過装置を使用しているプールや、塩素の自動注入などで水質管理ができている場合、必ず腰洗い槽を使用しなければならないというわけではない。各学校長の判断に任せます。(文部省-学校環境衛生基準) H4.6.23

なんだか煮え切らなくて、
学校長に投げてしまっていますね。

今、消毒槽を使っている学校や、
使ってない学校が両方存在するのは、
これが原因だったのですね。

なぜ、はっきり廃止と言えないのか…?

プールの消毒槽の歴史

文部省は、1960年代から公立学校のプール建設を進め、
当時30%以下だった普及率が、
90年代には80%以上となりました。

この建設と一緒に、
腰洗い槽も建設されたわけですが、
今更必要ないといわれても、
税金の無駄遣いと言われてしまいかねませんから、
文部省もここは慎重になるわけですね。

60年代、学校プールの開設当時は、
循環型の浄化槽施設もなく、
自宅にお風呂もない状況でした。

このため学校プールの衛生状態は悪く、
子供の数も多かったですから、
短時間で強力に殺菌できる消毒槽は、
その存在意義があったわけです。

つまり、現在の衛生状態とは、
全く違う事情でできた消毒槽を、
そのまま使い続けているというわけです。

まとめ‐よくないことはやめたらいい

うちの2人の息子たちはアトピーです。
腰洗い槽や強い塩素の入ったプールの水に触れると、
目に見えて悪化します。

アトピーの皮膚によくないのは体験済みです。

また、この使用した、
必要以上に濃度の高い消毒液を廃棄する時にも、
環境問題が発生します。

よくないこと・効果のないことをやめるのに、
遠慮はいらないのにと思いました。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告