気になるニュースを英国からお届けします

ツールドフランス2014 出発地ヨークシャーを現地から紹介!

ツールドフランス2014のグラン・デパーの舞台となるヨークシャーってどんなところ?

ヨークシャーは英国のほかの都市に比べて知名度の低い北部地域ですが、
ツールドフランスを開催するには理想的ともいえる
牧歌的で美しい景色がひろがっています。

エミリーブロンテの「嵐が丘」の舞台として何度も映画化され、
「ロード・オブ・ザ・リングス」の2タワーズは、
当時リーズ大学で教鞭をとっていたJ・R・R・トールキン (J.R.R.Tolkien)
がリーズ大学敷地内の白くそびえるパーキンソンビルディングと
教会の黒い塔から発想を得たといわれています。

本日は、このグラン・デパーの舞台、ヨークシャーの見どころをコースに沿って紹介したいと思います。

スポンサードリンク

第一ステージ(190㎞):7月5日 リーズ(Leeds)- ハロゲート(Harrogate)

Leeds

リーズの市役所前を出発して北上、オトリ―、イルクリー、スキップトン、グラシントンからホウズまで行ったところで、
レイバーン、リッチモンド、リポン、ハロゲートと南下して終点です。

リーズ―ハロゲート間は、直線で車で約30分の距離(20㎞前後)ですが、
ヨークシャーデールの見どころを紹介しながら一周するような190㎞のコースが選ばれています。

Bolton20Abbey209

写真はグラシントンの手前にあるボルトンアビーという修道院の廃墟(Abby)です。
宗教改革前のカソリックの修道院だったところですが、
英国国教会(プロテスタント)の発生後打ち壊されそのままになっている状態です。

広い敷地内は牧草地となり羊が草を食み、中心を川が流れています。
秋には紅葉が美しく、3、4時間ほどの気軽なウォーキングが楽しめます。

ここからさらに先に進むと、マラムコーブが現れます。
この風景はおそらくサイクリングコース沿いにはないと思いますが、
少し外れて奥に入り山登りするとみられる光景です。

crummack201

石灰岩でできたこの岩場は、雨が降るとつるつる滑ります。
このあたりに多い地質で、
周辺一帯では鍾乳洞も多く見られます。

ジュリエット・ビノシュが主演した嵐が丘(Wuthering Heights)のロケ地として、
このマラムが使われています。

実際の舞台のハワースとマラムでは離れすぎなので
現地の人はちょっと違和感を持ってしまうかもしれませんが、

「私たちの将来がもし悲劇に終わるなら、雨よ触れ!(うろおぼえ)」
とキャシーが空に向かって叫んだとたん、
天候は急転、空を稲妻が走る、
というような激しく、異様な雰囲気にはぴったりです。

さらに北上すると、今度はこんな景色に囲まれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヨークシャデールの真ん中です。
石を積んで作ったドライウォールという柵の中に
牧草地が広がり、そこで羊がのんびり草を食む
典型的なデールスの風景です。

デールスの小さな村のコテージは石造りのものが多くみられます。
ヨークシャーならではの穏やかな光景です。

第二ステージ(200㎞):7月6日 ヨーク(York)- シェフィールド(Sheffield)

Hawarth

ヨークを出発し、ネールズバラ、イルクリー、キースリー、ハワース、ハダースフィールドを通り、ピークディストリクト国立公園を抜けてシェフィールドが終点です。

170px-York_Minster_close

ヨークはヨークミンスター(写真上)と市内を囲む石の城壁が有名な歴史的な観光地です。
春になると石壁沿いに黄水仙が開花し、城壁の上が歩けるようになっているので、
壁沿いに市内を見下ろしながらの散歩は最高です。

ロンドンのウェストミンスターと同列のヨークミンスターですが、
そのステンドグラスは、宗教改革の時にばらばらに壊されてしまったので、
復元された今でも画像が全く判別できず、歴史の爪痕を感じさせてくれます。

ヨークを出た後は、ハロゲートの南にある小さな町ネールズバラを通り、キースリー、ハワースへと進みます。

hawers20045

写真はブロンテ姉妹の住居があったハワースの町並みです。
結構観光地化されてきています。

hawers20057

ハワースのレトロな薬局。
ブロンテ家の長男ブランウェルがここに毎日のようにアルコールを買いに来ていたらしいです。

Bronte20museum202

ブロンテ博物館:シャーロット・エミリー・アンのブロンテ3姉妹の足跡が辿れます。

(00001)7

この博物館の裏手に広がる広大なムーアを3時間ほど歩くと、
嵐が丘の舞台となったトップウィズンズにたどり着けます。
赤紫色のヘザーの咲き乱れるムーアのてっぺんあたりに小さい点がありますが、それがトップウィズンズです。
残念ながら自転車ではいけません。徒歩または馬限定。

この後はダースフィールドからピークディストリクトを抜けシェフィールドに向かいます。
シェフィールドはかつて、シルバーやステンレススチール製品で栄えた町です。

いかがでしたか?
ヨークシャーの雰囲気が少しでもお伝えできたら幸いです。

長いことお付き合いいただき、ありがとうございました。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

広告

Links

ハンドメイドブログ Linen Magic - 自由につくる♬

最近のコメント

Get Adobe Flash player