英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

COP21パリ会議!地球温暖化は「2℃まで」の理由は?

COP21(第21回締約国会議)が
パリで開かれています。

この会議は、一言で言えば、
地球温暖化防止
について話し合うためのものです。

1年に1度、150か国以上の気象変動枠組条約締結国のトップが一堂に会し、
「どうしたら地球の気温上昇を2度以内に収められるか」
について話し合うというわけです。

でも、「なぜ2度なのか
不思議に思いませんか?

今回はこの疑問に、
BBCのニュースが簡単に答えてくれていましたので、
ご紹介しますね。

それではいってみましょう。

なぜ2℃なの?≪BBCニュースから抜粋≫

Earth

世界気象機関(WMO)によると、
2015年の世界の平均気温は、
史上最高となるだろうと予測されています。

強いエルニーニョ現象と
人為的に誘導された地球温暖化の組み合わせで、
2011年から2015年までの5年間が、
記録上最も温暖化が進んだ期間となるそうです。

世界各国トップは、
地球温暖化に関連すると考えられている、
二酸化炭素の排出量を制限する、
新しい世界規模の基準値を決めようとしているわけなので、
この新しい研究結果は、
今回のパリでの国連気象変動会議(COP21)で、
特に大きく取り上げられるでしょう。

2010年カンクンでの会議では、

世界の平均気温上昇を産業革命前の気温から
2度以内に抑える

ことが合意されました。

BBCの環境特派員マット・マクグラスさんが、
この『2度』の重要性と、
これが危険な温暖化への境界線と見られている理由を、
簡単に説明しています。

英語のリスニングの練習だと思って、
ちょっとみてみましょうね。^^


2℃なんて小っぽけな数だから大したことない、
そんな風に皆思うかもしれないね。

アイスクリームが溶けるか溶けないか位の差でしょうと。
でも氷河時代と現代の平均気温を比べると、
5℃から6℃の違いがあるんだ。

2℃っていうとわずかだと思うかもしれないけど、
地球全体で考えると、
ものすごく大きな違いなんだよ。

今の北極を見てみよう。
この惑星の他の地域の温度が急上昇していることで、
氷がどんどん溶け始めているんだ。

1970年に、
気温上昇は「2℃」以内って設定されたんだけど、
勘違いしないで。
2.1℃上昇したら地球は終わりってことじゃないんだよ。

2℃っていうのは、
目安みたいな数字で、
目標値なんだ。

ある科学者が私に話してくれたんだけど…

「政治家たちを相手にする時は、
めちゃくちゃシンプルに説明しなきゃいけない、
だから2℃にしたんだよ。」

だって。

つまり、2度っていうのは、

  • シンプル
  • 理解しやすい
  • 達成可能


  • な数だったんだね。

    (cited and translated from BBC Website)

    いかがでしたか?
    面白いですね。

    政治家にもピンと来るように、
    単純な2℃にしたってわけですね。^^

    北極や南極の氷が溶け始めたら、
    どうなるかはご想像通りです。

    0℃から1℃になるだけで、
    氷って溶けちゃいますもんね。

    日本やイギリスのような島国は、
    よくよく対策を練るべきだと思います。

    私はなるべく車を使わず、
    歩きや自転車を使うように、
    気を付けるようにします!

    お読みいただきありがとうございました。


    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    カテゴリー

    広告