英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

ワインの開け方まとめ!コルク抜き無しでも大丈夫!

典型例ですが、
旅先でワインをボトル買いしたとします。
で、ホテルに持ってきて飲もうとする。

ところが、

あっ!コルク抜きがない!!

または、

キャンプに行った!
よしキャンプファイヤーだ!
バーベキューだ!
ワインを飲もう!

あっ!コルク抜きがない!

ありますよね。
こんな場面。
酒飲みの胸を張り裂けさせるのには、
十分すぎる出来事かと。

こういう場合はホテルのレストランかバーまで行って、

「コルク抜きを貸してもらう」
または
「ワインをあきらめる」

これしかないと思っていました。

しかーし。

実はワインのコルクは、
コルク抜き無しでも抜けるんです!

スポンサードリンク

靴でコルク抜き無しでもワインを開ける!

こちらは、
ワインの本場フランスからのものです。
見事で優雅なワインのコルク抜き、
じっくりご覧ください。

さすがはワインの本場です。
「コルク抜きがない」
というシチュエーションに遭遇する機会も
その長い伝統の中で多かったのだろうと推察できます。

感動です。
これで怖いものは何もない気がしてきました。
これこそライフハックと言えるのではないでしょうか。

でも、同じやり方でも、
相当てこずっている動画がコチラ。
こちらはバーベキュースタンバイできてる状態で
なかなかワインが抜けない状況です。
私がやってもこうなりそうです。



ほほえましいです。
開いて本当によかったですね。

これで靴があれば、
ワインはコルク抜き無しでも抜けることが判明しました。

でももし靴がなかったら?
靴であけることができなかったら?
念のために以下の方法もご覧ください。^^

ワインの開け方!コルク抜き無しで開けるいろいろな方法


1.くぎを数本コルクに打って、くぎ抜きで抜く(ねじるように)

2.ナイフ ‐ ナイフをコルクに深く差して回しながら抜く

3.バイクフック スクリュードライバーみたいな感じですね。

4.タオルでボトルを包んで壁に打ち付ける

5.靴でボトルを打ち付ける

6.カギを斜めに差し込んで開ける

7.コルクをボトルに押し込む

8.キャンプなどでは、歯ブラシでコルクを押し込む

9.バーナーでコルクの下部を温める(ビンが割れないように気を付けて)

みなさん、
ワインを開けるために知恵を絞っているんですね。
気持ちが痛いほどわかりますよ。^^

それではワインも開いたところで、
Good night
Wish you a nice evening.

ワイン好きさんに捧げます

ワインの開け方まとめ!コルク抜き無しでも大丈夫! ← 今ここ
ワインのカロリーって?太らない飲み方ってあるの?
ボジョレーヌーボーのワイン!違いや特徴は?
ボジョレーヌーボー!解禁日の意味は?2015年は いつ?


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告