英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

ボジョレーヌーボーのワイン!違いや特徴は?

ボジョレーヌーボーの解禁日が近づいてきましたね。

ワイン好きの間で毎年盛り上がるこの行事なのですが、
ボジョレーヌーボーっていったい何?
と思っている方も多いはずです。

そこで今回は、
ボジョレーと呼ばれるワインが他のワインとどう違うのか、
そしてその特徴について調べてみました。

ワインを片手にごゆっくりお楽しみください。

スポンサードリンク

ボジョレー・ヌ―ボー (Beaujolais nouveau)とは

ボジョレーヌーボーとは、フランスはブルゴーニュ地方、
ボジョレー地区産のワイン(ボジョレー)のなかでも
「ヌヴォー nouveau」(新しい)もののことを指します。

「ボジョレー地方のワインの新酒」

という意味ですね。

軽く、フルーティで飲みやすく、
またお値段もお手頃なのが特徴です。

新酒として味わうことが本来の目的なので、
11月の解禁からクリスマス/新年までには
飲みきってしまったほうがいいでしょう。

それ以降は、
新酒としてのフレッシュさや、
良い点が失われていきます。
残ってしまったら
料理酒として使用してもいいかもしれません。

軽めのワインがお好きな方にはぴったりだと思います。

ボジョレーと呼べるワインは?

Gamay

ボジョレーと名乗れるワインは、
赤ワインならガメ種(gamay)
のブドウを使用したものに限られます。

ガメ種のブドウは、
小ぶりで掌に収まってしまうぐらいのサイズ、
酸味と甘みのバランスが取れたブドウです。

ボジョレーワインには、
【クリュ・ボジョレー】、
【ボジョレー・ヴィラージュ】
と呼ばれる
ボジョレー地区でもさらに細かく産地を限定した分類があります。

330px-Carte_vignoble_beaujolais

中心部一番濃い紫:クリュ・ドゥ・ボジョレー
紫:ボジョレー・ヴィラージュ
赤紫:ボジョレー

高品質のものから順に、

クリュ → ヴィラ―ジュ → 普通のボジョレー 

となります。

ボジョレー・ヌヴォ―は、
これらボジョレー・ワインの出来を見るために
促成で醸造しボトルづめされた試飲用の新酒です。
このため長い熟成には向きません。

wine1

ところで、
このボジョレーワイン、
どんなところでつくられているのでしょうか。
ボジョレーヌーボーの産地を動画でご紹介します。

ボジョレー・ヌーボーの産地

ボジョレーワインの産地は、
フランスのマコンとリヨンの間、
ボジョレー地方の山のふもとにあります。

ボジョレーワインの産地の美しい風景や
ヴィ二ヤード(ワイナリー)の動画をお楽しみください。

【動画】ボジョレー・ヌヴォ―の産地

【動画】ボジョレーのヴィ二ヤード(シャトー)

(大意)
ボジョレー地区には
大小様々なおよそ2000ほどのワイナリーがあり、
その中でも特に2つの歴史のあるシャトー
(ワイナリー所有者の住居でシャトー【お城】と呼ばれます)が紹介されています。

Chateau de La Chaize(シャトー・ド・ラ・シェーズ)

 • 1674年―1676年に建造 
 • ベルサイユ宮殿と同じ建築家の手による
 • 年間300000本のワインを製造
 • ワインセラーでワインの試飲可能
 • 5月と8月に庭園のプライベートツアー催行
 • ブドウは手で摘む

Chateau de Montmelas(シャトー・ド・モンメラ)
 • 1566年建造
 • 年間300000本のワインを製造
 • 宿泊可能 

こんなすばらしい場所で
大切に作られるボジョレーワインです。

新酒を祝う1年に一回のイベント、
今年も大いにたのしみましょう!

一年中ワイン祭り!のあなたへ贈ります。
ボジョレーヌーボー!解禁日の意味は?2015年はいつ?
やっちゃったとおもったら…
二日酔いを解消するには?!すぐ効く食べ物はコレ!
ワインのカロリーが気になったら…
ワインのカロリーって?太らない飲み方ってあるの?
コルク抜き無しのワインの開け方!
ワインの開け方まとめ!コルク抜き無しでも大丈夫! 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告