英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

イギリスで仕事!就労できるビザの種類はコレ!

イギリスで仕事を探して長期滞在!

しばらく住めば英語もうまくなるだろぅ・・・
よーし!!

何を隠そう16年前、
あなたと同じことを考えてイギリスに来ました。

でもお察しの通り、
外国人を気軽に働かせるほど、
どの国も甘くないです。

はい、そうなんです。
ピザをパクついてる場合ではありません。
つまり・・

イギリスで仕事をするには、
ビザが必要なのです!

(お決まりのダジャレで m(_ _)m )

そこで今回は、
イギリスで仕事をするために、
最低限必要なビザについて、
私の体験談も交えながら、
できるだけ詳しくお届けしたいと思います。

それでは一緒に見てみましょうね!

スポンサードリンク

イギリスで仕事ができるビザの種類

UK flags

仕事といっても様々で、
週に何時間かのバイト的な仕事でもいい、
という場合と、
将来的に永住権取得を視野に入れた
就労ビザを取りたい場合とでは、
当然アプローチの仕方も変わってきます。

学生ビザ

内容:週20時間*イギリス国内で仕事ができる

付与の条件:
UK BA(英国国境局)が、Tier 4 認定校として登録している学校、または各種監査を受けた認定校から入学許可をもらった学部・修士・博士課程に在籍する学生であること。

利点:

  • 学校に入学できさえすれば、そのビザでそのまま働くことができる。つまり改めて仕事をするためのビザを取得する必要がない。
  • 在学中にできるだけ就活して、就労ビザをスポンサーしてくれる企業を探すことをお勧めします。

    欠点:

  • 大学に入る一定の学力と英語力が必要
  • 大学入学金、最低限の生活費等の、まとまったお金があらかじめ必要
  • 学業で手一杯の場合(学業が主目的の場合)仕事と両立させることはかなり厳しい
  • 仕事ができる時間が制限されているのでフルタイムの職業に就くことができない
  • *専門学校や語学学校などに在籍する学生にも、週10時間以内の仕事に就くことが許可される場合もあるようです。詳細は各学校にお問い合わせくださいね。

    留学費用については、
    留学費用はどれくらい?イギリス短期語学留学情報を現地から!をご覧ください。

    uni

    ちょっとコメント・・・
    私の場合修士課程の学生ビザを取得し、
    在学中から翻訳や通訳、
    日本語教師のバイトをしました。

    はじめから滞在することこそが、
    主要目的だったのですが、
    この時取った修士の学位が、
    後々仕事を得るのに役に立ちました。
    なんでも無駄になるということはないものです。

    また永住権を申請するときのポイントにもなりました。

    イギリスにとって、外国からの留学生は、
    多額の外貨をしょってやってくる
    大事なカモお客様。

    認定校からの入学許可と、
    ある程度の銀行残高(在学期間中生活できる)
    があれば、年齢、性別を問わず
    学生ビザは比較的簡単に取得することができます。

    仕事しながらイギリスに滞在するためのビザとしては、
    最も簡単に取得できるビザだと思います。

    ビザ取得の難易度:★

    Youth Mobility Scheme 2016(通称:ワーホリ)

    内容:

  • このビザの申請が許可されると、英国に最長2年間滞在できる
  • 滞在中は学校に行ったり、仕事につくこともできる
  • 個人で事業をしてもいい。(ただし誰かを雇用することはできない等様々な条件付き)
  • 条件:

  • 年齢制限:18歳から30歳
  • 銀行残高:£1,890(約 335,982円)以上
  • 日本国籍者の定員:1000人(抽選制)
  • (情報元:Tier 5 (Youth Mobility Scheme 2016)

    申請方法:

    2016年度Youth Mobility Schemeの申請を希望される方は、日本時間2016年1月11日(月)12時 (正午) から2016年1月13日(水)12時 (正午) の間に、EメールをYMS2016-APPOINTMENT@vfshelpline.com 宛てに1通のみお送りください。メールの題名にはパスポートと同じ表記の申請者氏名、生年月日およびパスポート番号を必ず明記してください。

    例:YAMADA Taro – 31/01/1990 – TH123456789

    詳細はこちらをご確認ください。

    利点:

  • 抽選に当選したら、あとは所持金30万と渡英費用を確保するだけで最長2年滞在可能。
  • 語学学校に通ってもいい、仕事も時間制限なしでできる、個人事業主になってもいいというワンダフルなビザ。
  • 2年間のビザの期限内での英国への出入国は無制限に許可されている。
  • 欠点:

  • まず抽選に当選しなければいけない
  • 30歳以上には閉ざされた門。
  • ビザの期限の延長は不可。
  • 帰国後のワーホリ体験者への日本企業での評判が必ずしもいいとは言えないような雰囲気。
  • ビザ取得の難易度:★★(当選するかどうか次第)



    ちょっとコメント・・・

    あなたの燃えるような海外長期滞在への思いをかなえてくれる、
    この素晴らしいビザを使わない手はないと思います。
    英国以外にもオーストラリアなどの国でも
    このビザを発行していますよ。

    決して気軽に「いいよ」と、
    お勧めしているわけではありません。

    仕事を見つけるのが難しいこと、
    最低賃金のデッドエンドジョブでも、
    なかなかないこと。
    身に染みてわかっています。

    それでも海外を見てみたい、住んでみたい!
    と思い続けている若い方、
    きっといらっしゃると思うんです。

    そんなときは、
    まずやってみたらいい!
    と思うんです。

    日本企業からのウケがよくないなら、
    日本企業に務めなければいいだけの話です。
    世界は広いです。

    イギリスでなんとかなるかもしれない、
    なんとかならないかもしれない、
    でもそれでも若干30歳です。

    後悔するのは、
    過去を振り返るからだと思うのですが、
    30歳±は、
    しみじみ振り返っている年齢じゃないですよね。

    やってみて後悔する>やらずに後悔する
    だと思うのです。

    応援してます。
    GO FOR IT!!!

    比較的長期滞在が可能な就労ビザ

    イギリスで仕事ができる就労ビザには、
    上記を含めて、
    次のようにたくさんの種類があります。

    就労ビザ

    Representative of an Overseas Business visa 外国企業の代表者ビザ
    Tier 1 (Entrepreneur) visa 企業家ビザ
    Tier 1 (Exceptional Talent) visa 著名な学者や作家、芸術家など
    Tier 1 (General) visa 一般ビザ
    Tier 1 (Graduate Entrepreneur) visa 学位取得後の企業家ビザ
    Tier 1 (Investor) visa 投資家ビザ
    Tier 2 (General) visa 一般ビザ
    Tier 2 (Intra-company Transfer) visa 企業内転勤ビザ
    Tier 2 (Minister of Religion) visa 宗教家ビザ
    Tier 2 (Sportsperson) visa スポーツ選手のビザ
    Tier 5 (Temporary Worker – Charity Worker) visa 一時的な就労(慈善事業)
    Tier 5 (Temporary Worker – Creative and sporting) visa 一時的な就労 (芸術家・スポーツ選手)
    Tier 5 (Temporary Worker – Government Authorised Exchange) visa 一時的な就労(政府認定エクスチェンジビザ)
    Tier 5 (Temporary Worker – International Agreement) visa 一時的な就労(国際的な合意によるビザ)
    Tier 5 (Temporary Worker – Religious Worker) visa 一時的な就労(宗教家ビザ)
    Tier 5 (Youth Mobility Scheme) visa(ユース・モビリティ・スキームビザ)

    あなたが企業家、投資家、
    世界でも有名な芸術家や学者、
    スポーツ選手などではなく、
    ごく一般的な方であると仮定して、
    同じ一般人の私が最初に取得した、
    就労ビザについてご説明します。

    私の取得したビザは、
    赤字の『Tier 2 (General) visa 一般ビザ』に該当します。
    当時は”Work Permit(労働許可証)” と呼ばれていました。

    このビザの大まかな特徴です。

    対象:

  • Skilled Job(高度技能職)に発行される
  • EU圏とスイス以外の市民に付与される。つまり日本人も対象の範囲内。
  • 条件:

  • 英国に渡航する前でも、英国内に滞在中でもこのビザを申請することができる
  • 申請には、雇用先(スポンサーライセンスを持つ)から発行された、スポンサーするという証明書などが必要
  • 仕事の内容がスポンサーしてもらう企業の業務内容と一致していること
  • 英国人の仕事を奪わないものであること(英国での人材が不足している職種である)
  • 年棒が規定された額以上であること
  • 利点:

  • フルタイムで就労可能
  • 副業も同種の職種でならば週20時間までOK
  • 最大6年間まで滞在延長(ビザの延長には料金がかかり、都度審査がある)可能
  • 家族の同行可能
  • 職務に支障が出ない限り学校にも通える
  • このビザの有効期限内なら、外国への旅行や日本への帰国後、何度でも再入国可能
  • 欠点:

  • ほとんどの企業がビザのスポンサーをしてくれない。つまりすでに永住権などのビザを持っている人を雇用する。
  • ビザの延長には結構お金がかかる。たいてい会社が出してくれるが、個人負担の場合もある。
  • ポイント制で決められた得点を得る必要がある。(学位、英語力、スポンサーがあるか、経済力、サラリーの額、英国市場に脅威を与えないかどうかなどすべて得点で審査される。全項目クリアできないとパスできないようになっている)
  • ビザ取得の難易度:★★★(スポンサーを見つけられるかどうか!)

    ちょっとコメント・・・

    スキルドジョブ(高度技能職)ってどんなの?
    って思いますよね。

    Tier2は、英国の特定の職種で、
    英国人で人材をまかなえない場合に、
    英国以外から労働力を求めることを目的として、
    発行されるビザです。

    英国政府の発表している人材不足リストはこちらから。

    つまりこのリストに載っている職業が、
    ビザ取得に有利だということです。

    技術者プログラマーなどの人材が不足しているようです。
    最近英国内で油田が発見されたこともあり、
    オイル&ガス関連の技術者も大量に求人されていますね。
    oil & gas

    私の場合は『インハウスのトランスレーター』として申請しました。
    高度技能とはとても呼べませんが、
    日本人にしかできない職業
    (日本語に堪能な英人もいるにはいるが不足していた)
    だったのと、
    取得した学位と仕事内容が一致していたのが幸いしました。

    ビザ申請時に、全国紙に同じ職種で求人広告を1週間出し、
    一か月間英国人からの応募がなかったことを、
    証明する必要があったのですが、
    これを省略して申請して一度却下されました

    きちんと広告を出してもう一度トライしたら、
    なんとびっくり、
    一度で取得できる最長の5年間(正式には60か月と記載)
    就労ビザがもらえました。
    当時は今ほど移民管理が厳しくなかったこともありますが、
    それでも非常に幸運だったと思います。

    職種をよく確認し、
    自分の専門により近いものを見つけて、
    トライしてみてはいかがでしょうか。

    最初はパートタイムで務め、
    その会社になくてはならない存在となり、
    ビザのサポートをお願いする、
    というパターンが最も可能性が高いように感じます。

    間接的に就労が可能になるビザ

  • 配偶者・パートナービザ
  • このビザは、英国人または英国永住権を持つ人と結婚、またはパートナーとなった場合に申請できるビザです。ただし英国人配偶者・パートナーの収入が一定以上を上回っていないと、英国で一緒に居住することはできないようです。

    ビザ目的の偽装結婚を防ぐためとはいえ、これはとても厳しい条件ですね。また5年間同居して初めて永住権を申請する権利が得られます。英国の移民政策は頻繁に変更されるので、UK Boder Agencyの情報を常に確認してください。

  • 海外に転勤になった配偶者に同行
  • 海外転勤者の配偶者として英国に滞在する場合、就労が許可されています。(ただし雇用企業の方針でダメな場合もあるので要確認)

  • 家族ビザ
  • 英国人を家族に持つ人が申請できるビザです。

  • 合法的に10年間英国に居住して永住権申請
  • 合法的に学生ビザ、就労ビザなど正規のビザの組み合わせで合計10年英国に滞在すると永住権が申請できるというもの。(最新情報を確認してください)

  • 非合法でも14年英国に居住して永住権を申請
  • なんでもいいからとにかく14年滞在しさえすれば永住権を申請できるようです。でもこの方法で永住権を取った人を私はまだ知りません。

    いかがでしたか?
    あなたのご検討を祈っています。
    長文にお付き合いいただきありがとうございました!


    関連記事

    コメント

      • MIKI
      • 2016年 1月 04日

      Youth Mobility Scheme イギリス
      日本国籍者 抽選と取るととは何回できますか?

      Hi im Miki i study in the uk now
      im half taiwanese and japanese
      i want to apply this visa and i want to know how many times i can apply for this visa before 31
      please can you tell me i will appreciate thank you so much

        • Amis
        • 2016年 1月 04日

        Hi Miki,

        Thank you for your comment.
        I have checked this UK Gov. website (https://www.gov.uk/tier-5-youth-mobility),
        and could not find any statement for the restriction of the application,
        so I assume it can be tried once a year between 18years and 30 years old until you get the visa.

        (Well, if I were you, I would just apply for the visa on 11th Jan 16 to send e-mail,
        as even if I could not get the visa, I wouldn’t lose anything and get any penalty… )

        You might win the opportunity with just one try!! Who knows?

        Anyway I would propose that you thoroughly read the contents of the above mentioned website, then if no information you have to know, directly call/send e-mail to http://www.uk.gov.

        If any part on the website you don’t understand, please dont’ hesitate to contact with me again.
        Wish you a good luck!
        Amis

      • daiki
      • 2016年 6月 26日

      8月からワーホリで行きます。

      やってみて後悔する>やらずに後悔する

      何かと不安なことがあったんですが、ブログ読ませて頂いて、自信が持てました!!ありがとございます!!

        • Amis
        • 2016年 6月 26日

        daiki様

        ご訪問&コメントありがとうございます!
        ワーホリおめでとうございます!

        もし海外長期滞在が初めてでしたら、
        目の前に大きな世界が広がっているのを感じると思います。
        どんどん見て、感じて、吸収してください。

        この年(だいぶ年^^)になってつくづく感じますが、
        何かやってみて(一見失敗した出来事でさえ)、
        無駄になったなあ、ってことってあんまりなかったように思うのです。
        みんなあなたのパワーに変わります。

        Good luck & all the best!!
        Amis

          • daiki
          • 2016年 6月 27日

          ありがとございます!!

          日本から行く際に、こんなもの必要や用意していてた方がいいことがあれば、アドバイスお願い致します!!

            • Amis
            • 2016年 6月 27日

            Daiki様

            うーん、お金と、PC環境の整備かな・・。
            日本語環境のPCは、
            こちらでは手に入りにくいか、
            非常に高価です。
            滞在期間中は故障がないよう
            整備しておくといいと思います。

            あとは何とかなるでしょう。^^
            がんばれー!!
            Amis

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    カテゴリー

    広告