英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

ジョンレノン!クリスマスに届ける愛と平和の言葉!

1980年12月8日の運命の日、
ジョン・レノンは銃弾に倒れました。


7日後ヨーコ・オノの呼びかけに応じて
リヴァプールでは3万人、
ニューヨークのセントラルパークでは22万5千人の人々が集まり、
10分間の黙とうがささげられました。 
ラジオ局も全て放送を中断しました。

こんなにも多くの人々から愛され
それと同時に強い影響力を持った人物を
他に見つけることが私にはできません。

この混迷する時代に、
35年以上前の彼の言葉が、
より一層深く心に突き刺さります。

今回の英語の名言は、
ジョン・レノンの残した『愛と平和』への言葉をお届けします。

ジョン・レノンの愛と平和への言葉

ジョンの心の目

The more I see, the less I know for sure.
じっくり見れば見るほど、ホントにわかっているのかどうかよくわからなくなるんだ。

この世界は…

I believe in everything until it’s disproved. So I believe in fairies, the myths, dragons. It all exists, even if it’s in your mind. Who’s to say that dreams and nightmares aren’t as real as the here and now?
それが無いって証明されない限りなんでも信じるよ。だから妖精だって、伝説だって、ドラゴンだって信じてる。それがあなたの心の中にあるものだとしても、みんな存在してるんだ。夢や悪夢なんて存在しないなんて誰が言ったんだい?今ここにある世界のほうがよっぽど信じられないよ。

暴力

I don’t believe in killing whatever the reason!
どんな理由があるにせよ、『殺す』ってのは信じられない!

愛ははぐくむもの

All you need is love.
必要なのは愛だけ

Everything is clearer when you’re in love.
恋をすると全てがよりはっきりしてくる

Love is a promise, love is a souvenir, once given never forgotten, never let it disappear.
『Love』は約束、『Love』は贈り物、一度与えたら決して忘れちゃだめだ、失くしちゃだめだ

Love is like a flower-you’ve got to let it grow.
『Love』は一輪の花のようなもの、育てていくものなんだ

flower

ジョン・レノンのイマジンより

You may say I’m a dreamer, but I’m not the only one. I hope someday you’ll join us. And the world will live as one.
キミは僕を夢想家と呼ぶかもしれない。でもそれは僕だけじゃない。いつかキミもそう思ってくれたらいいな。そうしたら世界はひとつになる。

平和にチャンスを

We all have Hitler in us, but we also have love and peace. So why not give peace a chance for once?
私たちの心の中には『ヒトラー』がいる、でも『愛』や『平和』も持っている。だから『平和』に一度だけチャンスをあげてみないかってことなんだ。

わはは!

When I was 5 years old, my mother always told me that happiness was the key to life. When I went to school, they asked me what I wanted to be when I grew up. I wrote down ‘happy’. They told me I didn’t understand the assignment, and I told them they didn’t understand life.
私が5歳の頃、母はいつも私に「幸せこそが人生のカギよ」と言っていたよ。学校で、大きくなったら何になりたいかと聞かれたんで、「幸せ」と書いたら、課題の意味を理解していないと言われたよ。それで私は「あなた方は人生を理解していない」と言ってやったんだ。

A dream you dream alone is only a dream. A dream you dream together is reality.
1人で見る夢はただの夢。みんなで見る夢は現実。

平和

If everyone demanded peace instead of another television set, then there’d be peace.
もう一台テレビを欲しいと思う代わりに、みんなが平和を求めたら、平和はそこにあるはずだよ。

You either get tired fighting for peace, or you die.
平和のために戦うことに疲れるか、死ぬかのどっちかだ。

boy

People have the power. People is the government.
人々には力がある。私たちみんなが政府なんだ。

永遠

If someone thinks that love and peace is a cliche that must have been left behind in the Sixties, that’s his problem. Love and peace are eternal.
『愛』や『平和』が60年代の死語だ何ていう奴がいたとすると、それはそいつに問題があるよ。『愛』や『平和』は永遠なんだ。

自分でやる

Produce your own dream. If you want to save Peru, go save Peru. It’s quite possible to do anything, but not if you put it on the leaders and the parking meters. Don’t expect Carter or Reagan or John Lennon or Yoko Ono or Bob Dylan or Jesus Christ to come and do it for you. You have to do it yourself.

自分の夢を持とう。ペルーを救いたければ、ペルーを救いに行くんだ。どんな事だって、たいていは可能だよ。だけど指導者とかろくでもないモノの力を頼っちゃだめだ。ジミー・カーター、ロナルド・レーガン、ジョン・レノン、ヨーコ・オノ、ボブ・ディラン、ジーザス・クライストなんかがやって来て、キミのために何とかしてくれるなんて期待しちゃだめだ。自分でやるんだよ。

I can’t wake you up. You can wake you up. I can’t cure you. You can cure you.
僕はキミを目覚めさせられない。キミを目覚めさせられるのはキミだけ。僕はキミを癒せない。キミを癒せるのはキミだけ。

自分の中の神

You’re just left with yourself all the time, whatever you do anyway. You’ve got to get down to your own God in your own temple. It’s all down to you, mate.
結局何をするにせよ、始終キミのそばにいるのはキミ自身。自分の中の祭壇で自分の中の神に祈るべきだ。いいかい?全部キミの中にあるんだよ。

正直に

I’ve never claimed purity of soul. I’ve never claimed to have the answers to life. I only put out songs and answer questions as honestly as I can… But I still believe in peace, love and understanding.
自分の魂が清浄だなんて言っちゃいない。人生に答えを見つけたなんて言っちゃいない。ただ歌を作り、できるだけ正直に質問に答えているだけ・・・それでも平和や愛、そして人同士が理解しあえることを信じてるよ。

ジョン・レノン

It doesn’t matter how long my hair is or what colour my skin is or whether I’m a woman or a man.
自分の髪の長さとか、肌の色とか、女なのか男なのかとか、そんなことはどうでもいいよ。

戦争は終わる

War is over … If you want it.
戦争は終わるよ・・・もしキミがそう望むなら

いかがでしたか?
お読みいただきありがとうございました。
(訳文は意訳です。原文に忠実でないところもあるかと思いますがどうぞご容赦ください。)

ジョンの事がもっと知りたいあなたへ…
【関連記事】
クリスマスソング!ジョンレノンのHappy Xmas(War is Over) 【歌詞&対訳】はこちらからどうぞ。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告