英国住みの翻訳者のブログ。日本との時差8時間。地球は回っている。

アフタヌーンティーとは?そのメニューと楽しみ方!

アフタヌーンティーはぜったい外せないよねー!」

アフタヌーンティーの人気は依然として高いようで、
去年英国に遊びにきた友達のリクエストにも
「アフタヌーンティ―に行きたい!」が入っていました。

そこで今回は
このアフタヌーンティーについて、
そしてそのメニューや楽しみ方を詳しく調べてみることにしました。

“One is for you, one is for the teapot…”

それではいってみましょう!

スポンサードリンク
[ad#recl]

アフタヌーンティーとは?

アフタヌーンティとは、
通常午後4時から6時の間にとられる軽食のことで、
1840年代に英国の裕福な階級で広まりました。

アンナ・マリア・ラッセル
(ベッドフォード公爵夫人)が創始者として広く知られています。

現在の形式になったのは19世紀末のことで、
中・上流階級の人々が
観劇やオペラなどに行く前の
軽い腹ごしらえのための食事として定着しました。

もともとは純粋な意味で、
「午後にとる軽食」を指していたようです。

労働者などが、
朝スコーンやサンドイッチをもって仕事に出て、
午後おなかが減ったら、
紅茶とともにとるランチ、
の意味合いが強かったようです。

それではこのアフタヌーンティーの定番メニューとは
どんなものなのか見ていきましょう!

アフタヌーンティーの定番メニューは?

ホテルやティーショップで、
アフタヌーンティーを頼むと出てくる、
定番メニューです。

280px-Tea_at_the_Rittenhouse_Hotel


《アフタヌーンティーの定番メニュー》

  • 紅茶(ミルク&砂糖)
  • サンドイッチ
  • スコーンとクリーム&ジャム
  • ペイストリー
  • 【紅茶】

    紅茶の入れ方は、ティーバッグではなく
    普通のルースティーを使用します。

    沸かしたてのお湯を使い、
    ティーポットで入れたお茶を、
    ミルクでいただきます。

    紅茶のブレンドの種類は数多く、
    その場で自分の好きなものを、
    選ぶことができます。

    管理人は、アールグレイという、
    ベルガモットの香りのするお茶が好きです。

    ミルクが先か、それとも後か、
    それが問題なんですが・・・。

    暇な時にイギリス人に尋ねてみてください。^^

    お茶をポットから注いだ後ミルクを入れても、
    ミルクをカップに注いでおいて、
    そこに紅茶を注いでも
    どちらも美味しいです。^^

    【ケーキスタンド】

    ホテルやティールームでは、
    通常3段のケーキスタンドが出てきます。

    上から

    一段目:
    サンドイッチ(スモークドサーモン、ハム、キュウリ、ゆで卵など)

    二段目:
    スコーン(小麦粉を練って焼いたお菓子)

    三段目:
    ペイストリー(ビクトリアスポンジ、フルーツケーキなど)

    またスコーンのための
    コーニッシュ(クロッテッド)クリーム
    (黄色っぽい濃厚な生クリーム)、
    バター、ジャムなどのお皿も別についてきます。

    アフタヌーンティーの食べ方は?

    《順番》
    通常は、
    サンドイッチ、スコーン、ペイストリーの順に食べます。

    甘いものはデザートとして後に食べるので
    ペイストリーのようなお菓子類は
    後に食べる傾向があるのかもしれません。

    ホテルによっては、
    最後のペイストリーやガトーは、
    一緒に持ってこない場合があります。

    そして、最初2つのコースが終わってから、
    好きなものを選ばせてくれるのです。

    スコーンは横半分に割って
    中にクリームやジャムを塗って食べます。
    ジャムやクリームを塗らないと、
    ぱさぱさしていて素っ気ないです。

    ぜひたっぷりとジャムとクリームを塗って食べてみてください。

    暖かいスコーンは、
    本当においしいものです。
    自宅で簡単に作れるので、
    ぜひお試しください。

    スコーンとジャム&クリーム、
    そして紅茶を組み合わせたものを、
    クリームティーと呼ぶのですが、
    アフタヌーンティーをシンプルにしたものとして、
    親しまれています。

    220px-Cornish_cream_tea_2

    お値段も格段にお手頃で、
    美味しいスコーンと紅茶が楽しめます。

    おまけ動画-スコーンの作り方

    アフタヌーンティーについて、いかがでしたか?

    最後に、アフタヌーンティーにはなくてはならない
    スコーンの作り方の動画をお届けします。

    材料:
    500g 小麦粉(セルフレイジング)普通の小麦粉の場合重曹を適量入れます。
    50g 砂糖
    100g マーガリン
    300ml 牛乳


  • 材料が大体混ざったらこねすぎないように注意。
    こねすぎるとさっくりとした食感がなくなります。
  • オーブンの温度は200度で12分
  • 焼きあがったらワイヤーラックなどの上に、
    布巾をかけたものの上に置き、
    乾燥しないように、布巾でスコーンを覆っておきます。
  • 冷めてしまったら、
    電子レンジで温めなおしても美味しいです。
  • とっても簡単な手作りスコーンで、
    お家でお手軽にアフタヌーンティーをお楽しみください!!

    まだまだある、イギリスの紅茶うんちく!
    イギリスの紅茶!ヨークシャー住のおすすめはコチラ!
    アンティーク雑貨がお好きなら、
    イギリスのアンティーク雑貨! わたしの レトロ雑貨
    イギリス関連記事をまとめて読むには、こちらをどうぞ!
    イギリス特集!料理や観光記事のまとめ!

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    カテゴリー

    アーカイブ

    広告