英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

イギリスのアンティーク雑貨! わたしの レトロ雑貨

食べ物は、むむむ。。。だし、
年がら年中雨降ってるし、
イギリスのいいとこって…??

うーん。

うーん。

うーん。

っそ、そんなに?!Σ( ̄□ ̄;

あ!あった、ありました!

そ・れ・は
アンティーク雑貨!

そうなんです!
古い国イギリスでは、

  • アンティークショップ
  • アンティークマーケット
  • チャリティーショップ(寄付された不用品をチャリティのために販売)
  • フリーマーケット(蚤の市)
  • カーブーツセール(日曜日などに車でファームに集まって、不用品を販売)
  • ガレージセール(引っ越す人が自宅のガレージで不用品を販売)
  • ebay
  • など、いたるところで、
    ありとあらゆる古物の取引が、
    行われているのです!

    そこで第一回目は、
    イギリスのアンティーク雑貨から、
    レトロ雑貨の写真とお話を、お届けします。

    以下でご紹介する写真は、
    自分で実際に集めた、レトロ雑貨です。
    ebayなどで、売ってしまったものもありますが、^^
    いくつかは、まだ手元に残っています。

    それでは、
    緩ーい感じで、
    時の流れを感じながらいってみましょう!

    スポンサードリンク

    イギリス雑貨 レトロな缶

    VIMTOの缶

    vinto2
    VIMTOの蓋つき缶です。
    (縦8cm、幅10cm、高さ8cm)
    Vimtoというのは、
    このお姉さんが、手に持っているような、
    薄めて飲む怪しい色のジュースです。

    私は、こういうケミカルジュースは、好きではありませんが、
    イギリス人にとっては、
    結構、ノスタルジックな飲み物なようです。

    色っぽいお姉さんが、
    ふたについていますが、
    子供にあげていいんでしょうか。
    いいんでしょうね。笑

    vinto1こちらは、上の缶を横から見たところです。
    Vimtoの歴代ラベルがモチーフで、
    カラフルで、とても楽しいですね。

    蓋に蝶番が、1つついていて、
    パカッと開けることができます。
    ボタン入れにしています。

    マクビティの缶

    macvityこの缶は、ビスケットのマクビティ社の古い缶です。
    昔のイギリス人の家族が、ふたに描かれています。
    すごく古くて、蓋の縁は剥げています。
    色も薄くなっています。
    それでも、
    なんとなく好きで、手に入れました。

    直径25cm、
    深さ10cmほどある、大きな缶です。
    当たり前ですが、
    マクビティのビスケットが、入っていたんでしょう。

    macvity2

    マクドナルド、
    マッキントッシュ、
    など、
    “マク Mac”が着く会社は、
    大抵スコットランド発祥です。

    このマクビティもそうですね。
    裏に、エジンバラと書いてあります。

    マクドナルド、
    マクラクラン、
    マッキントッシュ、
    マクビティ、
    マクレガー、
    など、
    みんな、スコットランドの部族(クラン)の名前で、
    部族ごとに、タータンチェックの色があるんですよ。

    イギリス雑貨 妙にレトロなもの

    ジンジャービアボトル

    genger beerその昔、イギリスでは、はちみつやジンジャービア(ジンジャーエールにアルコールの入ったもの)のような液体の商品は、こんな陶器のビンに詰めて売られていました。高さは17cm、底の直径は7cm。

    空きビンは、処分されるわけですが、運良く土から掘り出されたり、なんとなく屋根裏部屋に残っていたりしたものが、出てきているようです。

    土の香りがするような、どっしりとした陶器製です。

    ところで、
    イギリス人は、ジンジャービスケットとか、ジンジャービアとか、
    生姜がとても好きですね。
    ショウガラブなところが、日本人と似ていますね。

    ボトルには、コルクの栓がしてあります。
    抜こうと何度も試しましたが、ダメでした。
    ふっても音がしないので、
    中には何も入っていないとは思いますが、
    なんとなく、気味が悪いです。
    腐ってる?(((p(>o<)q)))

    ginger beer2
    オリジナルのラベルが、残っているものは、結構珍しいです。
    ラベルには、ジンジャービアを自分で醸造するレシピが、書かれています。(一部破れのため読めません)

    緑のガラススプレー

    splay緑のガラスが、ラムネのビンのようで、大好きなんです。歳バレ。
    ポンプのところもちゃんと動いて、水を入れて、シュッとスプレーすることができるんですよ。
    小ぶりで、とてもいい感じのスプレーです。

    昔のカメラ

    camera

    ブラウニーBrownie SIX-20 Camera Model D 英国KODAK製

    かなり綺麗な状態です。
    でもフィルムがないので、写せません。
    というか、どうやって写せばいいのか、全くわかりません。

    シャッターらしき部分は、わかります。
    そして、シャッターを切ることもできます。
    いろんなネジみたいなところも、ちゃんと動きます。

    これで、写真を撮るとどんなものが、撮れるんでしょうね。
    ボンっと、煙が出るんでしょうか。

    不思議の国のアリスの雑貨

    アリスの掛け時計

    aliceこの時計は、かなり前に、チャリティショップで買いました。
    ほぼタダ同然の値段でした。
    色がきれいで、キャロルのアリスの大ファンでもありますから、
    ずーっと部屋にかけていたのですが、
    ある日動かなくなりました。
    アーメン。

    それでも、捨てるにしのびず、
    まだ、部屋の本棚の中に、置いてあります。

    いつか、アリスがやってきて、
    動かしてくれるかもしれません。

    アリスの不思議の国の冒険1985年版

    alice book
    “アリスの不思議の国の冒険”
    著者:ルイース・キャロル
    イラスト:アーサー・ラックハム

    “Alice’s Adventures in Wonderland”
    by Lewis Carroll & Illustrated by Arthur Rackham

    あまりに有名な、ルイース・キャロルの手による、
    アリスシリーズです。

    イラストは、アーサー・ラックハムによるものです。
    初版は1907年。
    この本は、1985年に再版されたものです。

    alice book2扉絵のアリスは、ディズニーなどに出てくるアリスとは、
    まったくちがった感じの女の子です。

    私には、こちらのほうがしっくりきます。
    ちょっとおすましの、
    お姉さんぽい感じのアリスです。

    おわりに

    いかがでしたか?

    雑貨の話は尽きませんが、
    またの機会ということで、
    今日はこれくらいに。

    お付き合いいただき、ありがとうございました!

    イギリス関連記事をまとめて読むにはこちらをどうぞ!
    イギリス特集!料理や観光記事のまとめ!


    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    スポンサードリンク

    カテゴリー

    広告