気になるニュースを英国からお届けします

日焼け止めと下地!どっちが先?メイクした後の塗りなおし方法は?

日焼け止めと下地は、どっちを先に塗る?
できるだけ簡単に塗りなおす方法は?

日焼け止めをムラなく塗るには、
日焼け止めは化粧下地の上か下か、
またがっちりメイクしている場合
どうやって短時間で塗りなおすのか、
気になる疑問を解消します!

スポンサードリンク

日焼け止めの上手な塗り方

メイクは、何をいつどう塗るかで、
効果も変わってきます。

正しい順序で日焼け止めを塗って、
その保護力を最大限に引き出しましょう!

日焼け止めを塗る順序は?

1.洗顔
2.化粧水、美容液(日焼け止めが落ちてしまうのを防ぐ)
3.日焼け止め
4.化粧下地
5.ファンデーション
6.パウダー(リキッドタイプのファンデの場合、また化粧崩れを防ぐ)

個人的には、1-2-3-5 で十分がんばった気でいましたが
まだまだ修行が足りません。

日焼け止めの効果を増すために、
先に化粧水や美容液で肌をしっかり整え、
化粧下地やファンデーションを重ねて
紫外線からお肌を保護します。

日焼け止めを塗った後、化粧下地を塗るのは
ファンデーションを付きやすくするためです。

ムラなくのばす

日焼け止めは肌にムラなくのばすことがとても大切です。
ムラがあると(当たり前ですが)
薄くついたところだけ日焼けしてしまいます。

液状タイプの場合、一円玉程度を手のひらにとって
ムラなく伸ばし、もう一度同じ量を重ね塗りします。

いっぺんに大量の日焼け止めを塗るよりも
少量を数回に分けて塗ったほうがうまく塗れるようですね。

また鼻、おでこ、頬骨など
顔の中でもでっぱっている場所は日焼けしやすいので
もう一度重ね塗りすると効果的です。

強くこすったり擦り込んだりしない

SPFやPAの高い日焼け止めの成分には
強い紫外線吸収剤などを含むことがあります。
このような化学成分を肌に擦り込むことで
肌に強い刺激を与えることもありますので
丁寧に優しくのばし、
肌をカバーするような感じでつけてください。

日焼け止めの塗り直し

日焼け止めは、皮脂や汗、
服でこすれたりすると落ちてしまいます。
このため、
2,3時間おきには塗りなおす必要があります。

私は、SPF50などの強いものを使えば
何時間でももつものだと勘違いしていました。

それにメイクをばっちりしている場合、
日焼け止めをメイクを落として
塗りなおすのは難しいですね。

というより完璧にやり遂げるのは、
仕事をしている場合、
時間的に不可能です。

私の場合、オフィスなどでは、
塗りなおしというよりは、
日焼け止め効果のあるファンデーション(SPF15くらいの)を
上からちょこちょこっと重ね塗りしていました。


室内で過ごしている分にはこれで良いと思うのです。

ちゃんと日焼け止めを塗りなおさないと心配な場合

ここでは私が使っていた、
「メイクを全て落とさずに、日焼け止めを塗りなおすとっておきの方法」
をご紹介します。

1. ふき取り化粧水や、クレンジングワイプのようなもので目の周りを避けてきれいに化粧を落とします。
2. 保湿をして肌を整えた後、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの順に塗ります。

アイメイクを落とさない分時間がかからず、
夏の暑いときは汗で化粧崩れしやすいのでお化粧直しとしても、
また気分もさっぱりとしてとてもお勧めです。

ぜひお試し下さいね!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告

Get Adobe Flash player