英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

イギリスの国民投票の結果速報!EU離脱?

イギリスの国民投票の結果が、6月24日朝速報されました。


私は居住権だけで、選挙権はありませんので、
見守るだけだったのですが・・・。


2016年6月23日の、EU離脱をめぐる国民投票の結果は、


Brexit
つまり、
UKはEUを離脱することになりました。


UK


開票結果は、
有効投票率は73%
残留派が48%
離脱派が52%という僅差でした。


積極的に離脱したいという人の意見が
現状維持派を破ってしまったようです。


ロンドン、スコットランド、北アイルランドでは
残留派が勝利をおさめましたが、
ロンドン以外のイングランドとウェールズで、
離脱派が勝利しました。


ヨーロピアン・コミッションのヘッド、
Jean-Claude Juncker氏は、
混乱を回避するために、
UKはただちに離脱の手続きに入るように、
と促しています。


UKの抜けた後のEUは27か国となり、
その結束は今まで通りとも。


Capture

出展:PBS.TWIMG.COM


また、上の資料のように、
18歳から50歳の年齢層ではEU残留(Remain)を望み、
50歳以上の高齢者はEU離脱(Leave)を望んだようです。


なんというか、
これから長く生きていく若い人たちの希望に反した選択を、
高齢者が決めた形になっているのが、
皮肉な結果となりました。

キャメロン氏は10月に辞任。


スコットランドは、
UKを抜けるかどうかを問う、
2回目の国民投票を行うようです。


意に添わなかったスコットランドは、
UKを抜けてEUに加盟する可能性も大いにありますね。


ポンドは、10年来の大暴落です。


ジョー・コックス氏が
離脱派に殺害されたニュースが、
まだ記憶に新しいですが、
彼女にも残念な結果に終わりました。


UKはEUを抜け、
仮にスコットランドがUKを抜けてしまうとすると、
いったいUKはどうなってしまうのでしょうか。
この結果は、
先行きを読んでの選択だったのでしょうか。




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告