気になるニュースを英国からお届けします

フラメンコ動画!アレグリアス(喜び)をまとめてみた!

スペインといって思い浮かぶのは
サッカー以外にフラメンコでしょうか。

鬼平犯科帳のエンディングテーマの
ジプシーキングスの「インスピレーション」が日本では有名です。

ちょっと忘れたという方のために…

Gypsy Kings Inspiration live

ちなみに、この二人実はフランス生まれのジプシー。
スぺインのヒターノ(スペインのジプシーはヒターノと呼ばれます)のフラメンコを
クセを取って洗練させたらこうなる、
という感じの美しいメロディの曲ですね。

日本からは遠いスペインでも
幸いなことにイギリスからは
格安航空で2時間半くらい。

電車で国内旅行をするよりも
かえって安く速く行けるんですよ。

そんな地の利を生かして
もう何年も前からフラメンコ目当てで
アンダルルシアに通うようになりました。

今回はフラメンコの中でも
力強くて明るく、
アンダルシアの太陽を感じさせる
アレグリアス(喜び)のパロ(曲)を動画でご紹介します!

スポンサードリンク

フラメンコ - アレグリアス

アレグリアスはアンダルシア地方のカディス県発祥のパロです。
他にもセビジャーナス、タラント、ソレア、ブレリア。。などなど
たくさんの違ったムードの曲があるんですよ。

フラメンコのリズムは”コンパス“と呼ばれ
時計のように12拍でできています。

複雑で結構わかりにくいんですが、
下の動画でアレグリアスの大まかなリズムを感じてください。


頭でわかろうとするとなかなか難しいので
体で感じるほうが簡単なのではないかと思います。

3 3 2 2 2

で繰り返されていますね。

ではこのリズムを体にいれておいて
アレグリアスをお楽しみください!

歌い手踊り手ギター不詳

ちょっとした集まりや結婚式などの祝い事の席に招かれて
踊るヒターノの人たちなども多いです。
これもそんな小さな集まりっぽいですね。

フラメンコは、踊り(バイレ)
歌(カンテ)
そしてギターと打楽器(カホン)
で構成されています。

路上のバスキングなどで
打楽器や歌がない場合もありますが、
踊り、ギターは最小の構成単位です。

大きいタブラオやショーに行くと
拍手をする人が数人いて、
踊り手もたくさんでてきますよ。

次の動画は、特にアレグリアスではありませんが、
親族集まっての宴会風景がよくわかるのでご紹介します。

ジプシー出身の映画監督トニー・ガトリフの“Vengo” の一シーンから。


ギャング間の抗争で相手のファミリア(家族)の一人を殺してしまい、
その復讐(Vengo)から逃げている兄の
子供(障害を持つ甥)をかばうという筋書きの映画です。

セビーリャの町の様子、
ジプシーの踊りや音楽
スペインの家族の様子が描かれています。
私の大好きな映画です。

この宴会を見ると、
私はなぜかいつも
「こぶとりじいさん」にでてくる鬼の宴会を思い出すんですよ。
あんまり楽しそうなのでつい躍り出てしまう正直爺さん…。

アントニオ・エル・ピパ

アンダルシア出身のヒターノ、
アントニオ・エル・ピパです。
この動画は若い時のもので、
とてもアーティステックですね。

この人はあまり激しい動きをしないので、
アスレチックなすごさはありませんが、
何とも言えない優雅さがあります。

この人の家族もフラメンコ一家で
有名な歌い手の叔母さんを持ちます。

アイリーン・セラニラ&ホセ・カンデラ



2010年バレンシアのタブラオ、Nomoiでのショー(www.untrajecolorgrana.es)です。
バレンシアには行ったことがないのですが、
感じのいい広々としたタブラオですね。

パコ・デ・ルシア - アレグリアス ギター

Paco De Lucia – Flamenco – Alegrias (Best of Guitar-Tube.com)

今年2月に亡くなってしまった偉大なギタリスト
パコ・デ・ルシアのアレグリアスです。

フラメンコだけでなく、様々なジャンルの音楽に影響を与えました。
偉大なミュージシャンに感謝!
深くご冥福をお祈りします。

ペペ・アビチュエラ

ペペ・アビチュエラのアレグリアスです。

彼のファミリーも有名な音楽一家です。
父親、甥、姪、子供、みんなミュージシャンですよ。

ほんの小さなころから
みんな見様見真似で楽器を手に取り
ダンスを始めるんです。
ヒターノの血ですね。

トマティートのアレグリアス

有名なトマティートのアレグリアスをお楽しみください。
きれいです。
もう何にも言うことないです!

メルセデス・ルイス

最後にメルセデス・ルイスのアレグリアスをご紹介します。

MERCEDES RUIZ – Alegrías – Fiesta de la Buleria de Jerez 2012 –

いかがでしたか?

フラメンコは、喜び、怒り、憧れ、愛情、憎しみ、悲しみ。。
人間の感情がすべて盛り込まれた総合芸術だと思います。
音楽と舞踊の究極の形のひとつだと
私は勝手に思い込んでいます。

ますますフラメンコに魅せられていくのが心地いいです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

フラメンコのふるさとアンダルシア情報
【関連記事】アンダルシアの白い村!ネルハ旅行情報!1/3 【画像】
【関連記事】アンダルシアの白い村!フリヒリアナ旅行情報!2/3【画像】
【関連記事】アンダルシアの白い村!ミハス旅行情報!3/3【画像】

全般的にスペイン大好き!なあなたにはこちら↓もおすすめします!
スペイン旅行特集!おすすめ情報まとめ!

Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
LINEで送る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

広告

Links

ハンドメイドブログ Linen Magic - 自由につくる♬

最近のコメント

Get Adobe Flash player