英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

車のガラス!曇り止めに即効性があるのはコレだ!

その数分間が待てないんですよね。笑


車のウインドウの曇り止め
どうしていますか?



冬になって困ることの1つに、
車のウィンドウが曇ってしまい、
曇りをとるために、
数分間発車できないことがありますね。


イギリスは気温が低く、
おまけに雨が多いので湿気が多く、
朝起きたばかりの時ばかりでなく、
短時間の買い物から戻ると、
車のウインドウは真っ白、なんてことも。


そこで今回は、
車のウィンドウの曇り止めに即効性がある方法を、
調べてみることにしました!

その数分間が待てない、
ファーストライフなあなた、
一緒に見てみましょうね。

スポンサードリンク

車のガラスの曇り止めに即効性があるのはコレだ!

【ガラスが曇る簡単な仕組み】

車内の湿度が高い状態で、
ガラス表面の温度が露点以下になると、
結露(曇り)となります。

このことから、曇りを解消する方法としては、

1.ガラスの表面温度を露点より上げる
2.車内の湿度を下げる

のどちらか、または両方同時に行えばいいわけですね。

1.の『ガラスの表面温度を上げる方法』としては、
エアコンのスイッチをいれれて暖かくすればいいです。^^
カーンタンです。

でも、待つのが嫌!
でしたよね。

わかります。

この数分間は、
異様に人生の浪費をしている気がするもんです。

そこで2.について考えてみましょう。

これはイギリスでは一般的に使われている方法なんですが、
車内の湿度を下げるために、

除湿器を使います。

小さい座布団みたいなのがそれです。

これをフロント・リアウインドウに1個ずつ置いてやると、
車内の湿度を常に低く保つことができます。
よほど気温が下がらない限り、
最初から曇ることはありません。





常に、『エンジンかけたらすぐスタート
の状態が保てるというわけです。

スプレーなども出ているようですが、
こっちの方が断然簡単です。

日本では手に入らないものかと探してみたら、
唯一こんなのみつかりました。^^可愛いですね。



要は除湿できるものなら、
何でもいいと思います。

ぜひお試しください!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告