気になるニュースを英国からお届けします

土用の丑の日になぜうなぎを食べるのか?源内説 vs 家持説

夏の土用の丑の日にはうなぎを食べるのが習慣ですね。

暑い夏の盛り、
鰻屋さんの前を通ると、

「土用丑の日」「鰻」の文字、

時にはその文字がうなぎそのものになっていたり…

unagi flag

そしてあの香ばしいにおい!!

もう、たまりません。。。

そのむかし、
天才バカボンのパパは、
鰻屋さんの前で、
うなぎの焼けるいいにおいだけでご飯を食べてました…
私もできます!

ではこの、
「うなぎを土用の丑の日に食べる」という習慣を、
いつ、だれが、どんなふうにして
定着させたのでしょうか。

そこで今回は、
長年の疑問を晴らすべくいろいろ調べてみました。

以下にわかりやすくまとめてみましたのでごゆっくりご覧ください!

スポンサードリンク

土用の丑の日にうなぎ! 大友家持説

unagi pic

もともと夏の土用の時期は一年でも最も暑さが厳しく
夏バテしやすい時期なので

8世紀にはすでに大伴家持(おおとものやかもち)万葉集の中で

「夏痩せしてるやつは、うなぎでもたべろ」

という和歌を詠んでいます。(下記参照)


訓読文
石麻呂に吾(われ)物申す夏痩せに良しといふ物ぞ鰻(むなぎ)漁(と)り食(め)せ

管理人訳
「夏痩せにはウナギがいいから、捕ってきて食べたらって石麻呂に言ってやったんだ」
(『万葉集』巻十六の3853、岩波文庫)

訓読文
痩す痩すも生けらばあらむをはたやはた鰻(むなぎ)を漁(と)ると川に流るな

管理人訳
「痩せててもとりあえず生きていられればいいんだから、ウナギなんかとりにいって、川に流されないでくださいよ!」
(『万葉集』巻十六の3854、岩波文庫)

吉田石麻呂という、
歳とった実力者が夏バテして痩せたのを、
面白がって、
まだ若い大友家持からかい半分に詠んだものらしいです。

石麻呂老師は、
鰻を川に捕りに行ったらいいのか、
行かないほうがいいのか…

いったいどっちだ!

こんな(しょうもない)歌を、
1000年以上も愛して、伝え続ける日本人って、
なんてクールなんでしょう。

こんな和歌にも残っていることから、
おそらく
「夏バテにはうなぎがいいぞ!」
みたいな風潮がずっと昔からあったんでしょうね。

でもこれは、
漠然とした「夏」を指しているのであって、
具体的に、
土用の丑の日のことを、
言っているわけではありません。

では、いつ、だれが、
「土用の丑の日にうなぎを食べる」という習慣を、
定着させたのでしょうか?

そこで登場するのが、
江戸中期の天才、平賀源内さんです。

土用の丑の日にうなぎ!‐ 平賀源内説(通説)

250px-A_Portrait_of_Kyūkei_Hiraga_cropped (1)


一口メモ:平賀源内(1728年‐1780年1月24日)

源内は、讃岐高松藩(香川県さぬき市)の足軽身分の家に生まれます。鎖国真っ只中の時代に、蘭学、文学、芸術、科学、医学などに秀でた才能を発揮。エレキテル(静電気発生機)の修復をしたことでも有名です。

この源内さんをある日訪ねてきた人がいます。

近所のうなぎ屋さんです。

ウナギ屋:
「いやあ、源内さん。あついっすねえ。
こう暑いんじゃ商売あがったりですよ!」

源内さん:
「そうなのかい、ウナギ屋さん。」

ウナギ屋:
「そうなんですよ。夏場はいつも売り上げが落ちてましてね。
うなぎはさっぱりいけませんよ。
源内さん、
なんとかひとつ、
お知恵を貸していただけませんか?」

源内さん:
「うーん、うなぎねえ、夏ねえ…」

考え中

考え中

考え中

ピカッ

013843

039382

「よしっ。じゃ今日は土用の丑の日だから、
うしの日とうなぎの「う」をかけて、

【本日土用丑の日】

と店先に貼りだしてみようじゃないか!?」

・・・・・・・・

ウナギ屋さんが、
源内さんに言われた通り、

「本日土用丑の日」

というキャッチコピーを、
店先に貼り出したところ、
これが大当たり!

大変な人気を呼び、
お店は大繁盛となりました。

これを見ていた、
ほかのウナギ屋さんも、
どんどん真似するようになり、
今では「土用の丑の日はうなぎ」
習慣として定着するまでになったということです。

他にも諸説いろいろあるようですが、
この説がかなり有力なようですね。

昔は丑の日の「う」にちなんで、
ウナギばかりでなく、梅干し、瓜なども
夏バテ防止によく摂取された食品のようですが、
今でも残っているのはうなぎだけです。

まあ、梅干しや瓜より鰻のほうが、
精が付きそうですもんね。

まとめ

というわけで、

土用の丑の日に鰻を食べる習慣を定着させたのは
江戸期の平賀源内だった
というのが最も有力な説のようです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

なお、土用の丑の日の言葉の意味がわからないという疑問には、
「土用の丑の日」にはどんな意味が?疑問をすっきり解消!
パック入りのウナギを美味しく食べたいなら、
うなぎ蒲焼!スーパーのパック入りうなぎを美味しく食べるには!
絶滅はさけたい
うなぎが絶滅危惧種に!その原因は?


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告

Get Adobe Flash player