英国住み。日本との時差8時間。地球は回っている。

洋画を英語字幕で見よう!おすすめのリスニング勉強法!

なにをかくそう、
洋画を英語字幕でみると、
リスニングの勉強にいいんです!


英会話学校に通ったり、
英語を話す英米人とお友達になる、
というのも一つの手です。

でも、こちらの方が、
相手の都合に左右されず、
さほどお金もかかりません。

そして、何度でも繰り返し、
好きなだけ観れます。

そして、面白い!←ココ大事

また、
常々思っていることなのですが、
英語のリスニング教材は、
日本人に聞き取りやすく、
はっきりゆっくり話しているものが多いです。

普通はもっと速いし、
省略したり、
独特の言い回しをしてるのに…。
日本語だって一緒ですよね。

そういう生の英語を聞けるのは、
やっぱり洋画や、
テレビ番組ですね!

ただ気を付けたいのは、
これは、
リスニングの練習、
英語の発音や速度に耳を慣らす

ことを目的としているという点です。

会話の練習や単語を覚える、
などの分野は、
もっと効率の良い別の方法で。

英語字幕付き洋画リスニング学習の方法

英語字幕付きの洋画は、
当たり前ですが、
登場人物も英語をしゃべっています。

なので、
英語の習熟度によっては、
内容がまるで分らない
ということにもなりかねません。

そこで、英語の習熟レベルに沿った
学習方法を考えてみました。

初級レベル

1.日本語版で観たことがあり
とても好きで、何度観ても飽きない、
という洋画を1つ見つけましょう。
ハリーポッターとか、
インディ―ジョーンズとか、
なんでもいいです。

2.主人公のセリフで好きなところを覚えておいて、
その場面を英語字幕付きの洋画で確認し、
繰り返し字幕を見ながら聞きましょう。

繰り返しに耐えるお勧めの洋画

ブルースブラザース

ジョン・ベルーシとダン・エイクロイド主演。

レイ・チャールズ、ジェームス・ブラウン、
アレサ・フランクリン、ジョンリーフッカー、
など偉大なブルースミュージシャンが登場する、
ブルースファン垂涎の永遠のお宝DVD。

米語スラングの宝庫です。

私は文字通り、
数えきれないほど繰り返し見ています。
が、まったく飽きない。

ストーリーがシンプル。
言葉が分からなくても、
カーチェイス、音楽、お笑いなどで、
楽しめる面があるので、
何度でも見てしまいます。

ブリジッド・ジョーンズの日記

コリン・ファース、ヒュー・グラント、レネー・ゼルヴィガー主演。

いたって普通の、
30代独身ちょっと太めの女性、
ブリジットのラブコメディです。

コリン・ファースとヒュー・グラントという、
英国きっての男優の若かりし頃が見られます。

こちらは英語スラング満載。
そして正統なブリティッシュアクセントが聞けます。
(ヒュー・グラントはオックスフォード大学出身)

今でも楽しい気持ちになりたい時に
よく観る映画です。おすすめ!

英語の文章が読めるレベル

こちらは、
英語は聞くのは苦手だが、
読むのは大丈夫、
というレベルの方向けです。

1.洋画の字幕付きのものを入手して、
ひたすら目と耳をフル動員し、
聞きながら字幕を読み理解していきましょう。
日本語版をあらかじめ観る必要はないです。

2.ある程度内容が分かったら、
字幕なしで見ましょう。←ココ大事

3.字幕なしでも、
ある程度聞き取れるようになったら、
もう繰り返し観る必要はないです。
どんどん次の洋画に進みましょう。

最近一押し!ベネディクト・カンバーバッジの洋画

イミテーション・ゲーム

カンバーバッジがアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた作品です。

惜しくも、
スティーブン・ホーキング博士の自伝映画が、
受賞をさらいましたが…。

実はカンバーバッジも、
BBCのドラマで、
以前ホーキング博士を演じているんですよ。

映画の内容は、
第二次大戦中ドイツ軍の暗号を解読するために、
コンピュータを手作りする天才数学者のお話です。
半導体技術などない時代です。

ネタバレはよくありませんので、
これくらいで。

ミルトンキーンズの博物館には、
当時のコンピュータのレプリカが展示されています。

シャーロック』BBCドラマ

シャーロック・ホームズのリメイク。
長年シャーロックホームズは、
様々な役者が演じていますが、
カンバーバッジのものを特にお勧めします。
すごーく
ブリティッシュな雰囲気を持つ男優さんです。

現代的で軽妙なワトソンとの会話、
ちょっと聞き取るのが大変かと思いますが、
頑張ってください!

おわりに -まずは聞けること

あなたは、
相手が何を言っているのか聞き取れないのに、
会話ができますか?

これは実生活で、
私が嫌というほど経験してきたことなのですが… 〔≡_≡;〕
私にはできませんでした。

相手が何を言っているのか聞き取れないのに、
話をすることはできないということ。

どこの国の言葉であろうとも、
相手の話すことが聞き取れることが、
会話を成立させるための大前提です。

息子たち(当時小学生)は、
渡英してから2年ほど、
全くしゃべれませんでした。
友達が何を言っているのかわからないのですから、
話せないのは当たり前です。

でも、一旦聞けるようになると、
その後は早い!

これを目の当たりにしているので、
つくづく聞くことが大切だと思うのです。

今はYoutubeやアマゾンで、
英語字幕付きの映画を簡単に入手できます。
どんどん活用して、
リスニング力を高めていきましょう!

効果のほどをあまり気にせず、
洋画が大好きでしょうがない!
という軽い熱中スタンスでいきましょう!

ぜひお試しください!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

カテゴリー

広告